閉じる

最近のブログ

カテゴリー

他にローンがあった場合、住宅ローンは難しい?

2020.3.2

おはようございます。

永太建工の鈴木です。

本日のテーマは「他にローンがあると住宅ローンは難しいのか?」についてです。

 

 

✔︎車のローンがあった場合

 

車のローンがあった場合、銀行によっては、それを全額返済してから申込みにきてくださいと言われる場合もありますが、基本的には、返済比率さえ問題なければ、車のローンを残しつつ、住宅ローンを借りることも可能です!

例えば、あなたの年収が400万円だと仮定した場合、フラット35で住宅ローンを借りるとしたら、3800万円まで借入することが出来ます。

そして、それを35年払いで計算すると、毎月の返済額は、マックスで11.4万円から3.4万円をマイナスした8万円から逆算した金額を住宅ローンとして借入することが出来ます。

つまり、この場合、2650万円までの住宅ローンならば、車のローンを残しながら借入出来るというわけなんです。ですから、住宅ローンを借入する際には、これを機に一括返済するか?あるいは、そのまま残しつつ住宅ローンを借りるか?を懐状況を見ながら選択出来るということを覚えておいていただければと思います。

 

✔︎注意すべきは、携帯料金

 

住宅ローンを申し込むに当たって、注意しておきたいのは携帯料金です。

というのも、この料金をクレジットカードで支払っている方が数多くいらっしゃるでしょうし、また、機種代も2年間の分割払いで通話料金に上乗せされていることが多いからです。

 

なぜ、注意すべきなのか?というと、車のローンやアパートの家賃などに比べて支払い金額が少額がゆえに、ついウッカリと残高不足で引き落とし出来なかった・・・ということが起こってしまいやすいのが、この携帯料金の支払いだからです。

1万円にも満たない支払いが、数ヶ月連続で出来ていなかったという理由だけで、住宅ローンが借りられなかった・・・という方は現実的にいらっしゃいます。

ですから、常日頃から、分割払いやクレジットカードの支払いにも、充分に注意しておいていただければと思います。

 

 

それでは、、、

 

 

 

 

Pocket

カテゴリ:blogs
↑TOP