閉じる

最近のブログ

カテゴリー

年金の現実と将来のこと。

2020.5.15

おはようございます。

永太建工の鈴木です。

本日のテーマは「年金」についてです。

 


 

1つ質問させていただきます。

『65歳を老後とした場合、夫婦2人でかかってくるであろう最低生活費は一体どれくらいなのか?』ご存知でしょうか?

国が発表した数字によると、

毎月 約22.5万円 必要と言われています。

しかし、この数字には住居費は含まれないため、実際はこの金額に住居費が上乗せされることになります。

また、旅行や趣味を満喫する費用や、

子や孫への資金援助といった、『ゆとり資金』まで含めると、

さらにプラスで毎月約13万円ものお金が必要になってくると言われています。

つまり、ゆとりある老後を送るためには、

毎月約35万円ものお金が必要になってくるということです。

また、この数字には住居費は含まれないため、実際はこの金額に住居費が上乗せされることになります。

賃貸住宅を借りていたり、住宅ローンが残っていたら、

35万円住宅費!!!

老後にあまり考えたくないような金額ですね・・・。

 

・・・では、本題に入ります。

果たして、この費用は年金だけでまかなうことができるのでしょうか?

答えは・・・NOです

現在の試算では、平均的なご家庭に支給される年金は、

夫婦で約22万円と言われています。

さらに少子高齢化で、年金の支給金額は今後どんどん減っていき、

年金の支給年齢は今後どんどん上がっていくことが予想されます。

 

そのため、若いうちから計画的に貯蓄していくことで、

預貯金をしっかり作って置かないといけない、ということです。

 

①支出予想: 老後の生活費 (35万円×12ヶ月)× 年数(約20年)= 8400万円

②収入予想: 年金額(22万円×12ヶ月×20年)+ 退職金など(ある場合)= 5280万円(+退職金)

 

★貯金目標: ① – ② = 3120万円 

 

つまり、老後のために3000万円は貯金しておく必要がある、ということです。

生活費、住宅ローン、車購入費、教育費などで家計が大変な中でも、

定年までに、老後貯金を3000万円貯めておかないといけない、ということなんです。

 

目をつむってしまいたい現実です。

 

ただ、まだ頑張る方法はあります。

『iDeCo(個人型確定拠出年金)』や『つみたてNISA』といった節税効果もありながら、

資産運用を行うことができる投資信託などに、毎月コツコツお金を積み立てていくことで。

自分たちの老後資金をつくっていく、という方法があります。

 

そして、その積立資金をつくることができるかどうかは、

家づくりをする時に、ある3つのコストをカットするように計画することができたかどうか?

に大きく左右されることになります。

 

ということで、

次回は、この3つのコストについて

詳しくお伝え知っていこうと思いますので、

是非ご覧いただければと思います。

 

それでは、、、

 

 

 

 

Pocket

カテゴリ:blogs
↑TOP